東京都公立学校教員勤務実態調査の集計(速報値)


教育委員会は、「学校における働き方改革推進プラン(仮称)」を策定するに当たり、都内公立学校教員の勤務実態を正確に把握するため勤務実態調査を実施しました。
このたび、本調査の速報値を取りまとめましたので、お知らせします。
■調査結果の主なポイント
・教諭(主幹教諭・指導教諭・主任教諭を含む。)の平日1日当たりの在校時間は、中学校が最も長く、続く小学校においても、11時間を超えている。副校長については、いずれの校種においても、12時間を超えている。
・教諭(主幹教諭・指導教諭・主任教諭を含む。)の1週間当たりの在校時間は、週60時間を超えている者が、小学校37.4%、中学校68.2%、高等学校で31.9%、特別支援学校43.5%である。
副校長の1週間当たりの在校時間は、週60時間を超えている者が、小学校84.6%、中学校78.6%、高等学校58.3%、特別支援学校86.7%である。
■添付資料
HP(http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/11/09/16.html)参照

問い合わせ
教育庁教育政策課
03-5320-6713
FAX 03-5388-1725
Eメール S9000006(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。


一覧へ


©東京都