多摩動物公園 佐渡トキ保護センターへ「トキ」が移動


多摩動物公園(園長 永井清)では、環境省が進めるトキ保護増殖事業に協力するため、佐渡トキ保護センターから19年に2ペアを預かって飼育を開始しました。その後、ペアの追加や交代を経て、現在も非公開での飼育繁殖を行っています。
今回は、29年に当園で誕生したトキ5羽を移動するとともに、来年の繁殖期に向けてペアを組み替えるため、成鳥のオス個体1羽を佐渡トキ保護センターと交換します。
■移動するトキ
◎移動先及び移動元
佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)
◎搬出個体
・オス 29年4月18日 当園生まれ
・メス 29年4月20日 当園生まれ
・オス 29年5月25日 当園生まれ
・メス 29年6月9日 当園生まれ
・オス 29年6月13日 当園生まれ
・オス 23年4月28日 佐渡トキ保護センター生まれ 24年11月25日来園
◎搬入個体
・オス 26年4月30日 長岡市トキ分散飼育センター生まれ(※搬出個体6と交換)
■移動予定日
搬出 29年10月25日(水)
搬入 29年10月26日(木)
■経緯
当園は19年度から、トキ保護増殖事業計画に基づき、鳥インフルエンザなどの感染症による絶滅の危機の回避などを目的に分散飼育を受け入れ、10年連続で繁殖に成功しています。
当園から佐渡トキ保護センターへ移動する幼鳥5羽は、今後の放鳥計画に組み込まれる予定です。また、25年から当園で繁殖に参加していたオス個体も、全体の繁殖計画に基づきペアの組替えを行うこととなり、佐渡トキ保護センターのオス個体と交換することになりました。
■当園での飼育状況(2017年10月23日現在)
7羽(オス3、メス4)※今回の移動個体は含みません。
■今年の国内でのトキの繁殖状況
佐渡トキ保護センター及び同野生復帰ステーションと当園を含む5つの分散飼育地を合わせて、今年の繁殖期は、国内で46羽(29年9月7日現在)のトキが育っています。

問い合わせ
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
042-591-1611
建設局管理課
03-5320-5365


一覧へ


©東京都