都の花 ソメイヨシノ


都の花 ソメイヨシノ

昭和59年6月、「都の花選考会」で正式に決定されました。ソメイヨシノは、江戸末期から明治初期にかけ、染井村(現在の豊島区駒込)に住んだ植木職人がヤマザクラの品種を改良したといわれ、満開時の見事さ、散りぎわの花吹雪は格別です。


都の紋章・シンボルマーク・花・木・鳥へ


©東京都